タイプ

  • 2

カテゴリー

  • M
  • A
  • C
  • D
  • S
  • E
  • O
前進座  「鼠小僧次郎吉」

前進座 「鼠小僧次郎吉」

チケット取扱状況

  • お問い合わせください。

新国立劇場 中劇場(初台)

〒151-0071

東京都渋谷区本町1丁目1番1号

アクセス:京王新線(都営新宿線乗入) 初台駅中央口より徒歩1分

公演内容
〈あらすじ〉
天保二年五月、赤城神社の祭礼のタべ。
船宿萬字屋の店先では、女将のおちせが下ッ引から、このところ江戸の町を騒がせている盗入?鼠小僧″の話を聞き出していた。
入の引けた店先に奥から姿を現す和泉屋次郎吉、
三年の問江戸を離れすっかり堅気になった、かつての?鼠小僧″である。

しかし、おちせも船頭の菊松も、次郎吉が今も大名屋敷で盗みを働いていると思い込んでいた。
そこへ、「泥棒々々」の声に追われた湊屋音次が逃げ込んでくる。
匿いながら、その身の上を聞く次郎吉―。 萬字屋の贔屓客の奪われた大事な紙入れを取り返すため、次郎吉がト者垣内艮山の家へやってくる。
しかし艮山もまた、次郎吉が江戸を離れている間に奉公先が?鼠″に入られ、次郎吉に恨みを持っていた。
一方、昔、次郎吉に助けられた菊松は、萬字屋の下女おとしの兄が、
実はもう一人の、?鼠小僧″音次だったと突き止めるが……。
次郎吉は何としても音次と話をつけようと、追手の目をかわしつつ、屋根の上で対時する――。

〈かいせつ〉
江戸の講談にはじまり小説・ドラマと今日に至るまで娯楽劇のスターであり続けている「鼠小僧」。
巨匠・真山青果による本作は一九二九(昭和四)年に本郷座で初演。
二人の鼠小僧が出会う斬新な筋立てとスリリングな展開、人間描写の深さが面白さとなっています。
数多くの青果作品の名舞台で知られる前進座が、
その蓄積を存分に生かしながらも現代的な構想と演出、
新鮮な配役で、端正で活き活きとした時代劇をお届けします。

〈A席引換券〉
※当日、開演の60分前より受付にて座席指定券とお引き換え致します。
連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

公演ホームページ
http://www.zenshinza.com/stage_guide4/2019nezumi/index.html
出演
和泉屋次郎吉: 中嶋宏太郎 / 湊屋音次: 早瀬栄之丞 / 船頭菊松: 忠村臣弥 / 音次の妹おとし: 山本春美 / 萬字屋女将おちせ: 北澤知奈美 / 垣内艮山: 藤川矢之輔 / 他
スタッフ
作: 真山青果 / 演出: 中橋耕史
公演期間
2019年10月22日 (火・祝) 〜2019年10月27日 (日)
チケット料金
A席引換券(通常・25日夜)

[定価]
¥8,000/¥6,000
→50 %off
取扱店舗
渋谷渋谷109WANDER COMPASS SHIBUYA銀座新宿観光案内所京王新宿丸の内東京シティアイ品川成田空港中央区観光情報センター浜松あべのなんば大丸心斎橋福岡天神