タイプ

  • 2

カテゴリー

  • M
  • A
  • C
  • D
  • S
  • E
  • O
ロデオ★座★ヘヴン  「アイラブユー」「日本演劇総理大臣賞」

ロデオ★座★ヘヴン 「アイラブユー」「日本演劇総理大臣賞」

チケット取扱状況

  • お問い合わせください。

花まる学習会王子小劇場

〒114-0002

東京都北区王子1丁目14−4 B1F

アクセス:王子駅より徒歩5分。 JR京浜東北線は「北口」、東京メトロ南北線は「4番出口」から北本通りを直進。 「鑑定倶楽部」というお店の地下です。

公演内容
〈アイラブユー〉
もし青春が一個の生き物だとして、
その体に流れる血液とは恋なのだろう。

「アイラブユー」は、名も無き者どもの青春群像物語。
まだ小娘だった”わたし”に人生の歓びを教えてくれた”あなた”と耀くような夢を見せてくれたヒーローの”あのひと”が
ダメになってしまうほどギラギラと命を燃やした無軌道で無意味な日々。

あの頃は。
なにもかも完璧で。
なにもかも間違っていたよ。
東京の夕焼けは、ひどくしづかで、ひどく怠堕で、ひどく針積めて、まるで悲劇のように綺麗。
そばにいて。
おろしたての厚手のパーカーと汗に溶けたリンスの匂いだけで満たされる。
唇と心臓をつなぐ気道が疼く。内臓まで青空に透く。
こんな瞬間ならと、はじめて口にできた。

「アイラブユー」


〈日本演劇総理大臣賞〉
日本演劇総理大臣賞ーー1940年に、時の政府によって創設された、優れた演劇作品に与えられる賞である。

ある者は渇望し、ある者は権力にひざまづくことを厭い憎んだ。

そんな曰く付きの賞の選考会が開かれる。
本来ならば選外になるはずの左翼演劇が選考に残っているのを皮切りに、賄賂疑惑、
権力への忖度など、選考会は荒れに荒れた。
やがて浮き上がる一人の演劇人の姿……。

権力と芸術を題材に柳井戯曲×ロデオ★座★ヘヴンのラストバトルを俊英・望月清一郎が演出。瞠目必至!


〈注意事項〉
※公演日により上演作品が異なります。

公演ホームページ
https://rodeotheheaven.wixsite.com/rodeo
出演
「アイラブユー」: 浅倉洋介、梅田優作(重惑[omowaku])、小口ふみか、音野暁(ロデオ★座★ヘヴン)、北川義彦(十七戦地)、澤口渉(ロデオ★座★ヘヴン)、平佐喜子(Theatre Ort)、濱崎元気(鳩とグリーンピース)、藤原薫(十七戦地)、百花亜希(DULL-COLORED POP) / 「日本演劇総理大臣賞」: 伊藤俊輔(ONEOR8)、音野暁(ロデオ★座★ヘヴン)、菅野貴夫、榊陽介、澤口渉(ロデオ★座★ヘヴン)、島口綾(こゆび侍)、杉山圭一(★☆北区AKT STAGE)、鈴木朝代、高野絹也(TOHOKU Roots Project)、田中良子(AND ENDLESS)、鶴町憲、福田真夕(JACROW)、森田陽祐
スタッフ
脚本・演出(『アイラブユー』): 小栗剛(キコ/qui-co.) / 脚本・監修(『日本演劇総理大臣賞』): 柳井祥緒(十七戦地) / 演出(『日本演劇総理大臣賞』): 望月清一郎(鬼の居ぬ間に) / 舞台監督: 北村太一(松田プレゼンツ)、井草佑一(COMBO×COMBO) / 音響: 角丸雄亮(DISCOLOR Company) / 照明: 黒太剛亮(黒猿) / 衣装(『日本演劇総理大臣賞』): 藤田友 / ヘアメイク: 新妻佑子 / 宣伝美術・映像: 加藤和博(デザインと映像制作の加藤) / 宣伝ヘアメイク: 吉村幸 / フライヤー撮影: 角田大樹 / 映像オペ: 斉藤恵太 / 制作: 前川裕子(ロデオ★座★ヘヴン)、春うらら(ロデオ★座★ヘヴン) / 企画・製作: ロデオ★座★ヘヴン
公演期間
2019年10月3日 (木) 〜2019年10月13日 (日)
チケット料金
全席自由

[定価]
¥3,900
→30% off
取扱店舗
渋谷渋谷109WANDER COMPASS SHIBUYA銀座新宿観光案内所京王新宿丸の内東京シティアイ品川成田空港中央区観光情報センター浜松あべのなんば大丸心斎橋福岡天神