タイプ

  • 2

カテゴリー

劇団鹿殺し  傷だらけのカバディ【東京公演】

劇団鹿殺し 傷だらけのカバディ【東京公演】

チケット取扱状況

  • お問い合わせください。

あうるすぽっと(東池袋)

〒170-0013

東京都豊島区東池袋4-5-2ライズアリ-ナビル2F・3F

アクセス:●東京メトロをご利用の方へ 「東京メトロ 有楽町線 東池袋駅」6・7出口より直結 「東京メトロ 副都心線 雑司が谷駅」1出口より都電荒川線に乗り換え。または徒歩10分。 ●JR線をご利用の方へ 「JR池袋駅」(東口)より徒歩10分 ※JR池袋駅 東口を出てグリーン大通りを直進 ●都電荒川線をご利用の方へ 「都電荒川線 東池袋四丁目駅」より徒歩2分 ●都営バスをご利用の方へ 都02乙系統 池86系統 ・「東池袋四丁目」停留所より徒歩2分 ・「東池袋一丁目」停留所より徒歩4分

公演内容
劇団で舞台を作ることの意味を問い続けた三年、
旗揚げ時のように飢えた劇団鹿殺しがついに始動!
2020年、東京オリンピック。正式種目となった男子カバディ。
日本代表チームは話題をさらい一世風靡するも、一人の選手のミスによって日本国民を落胆させた。
これは、彼らと僕らの傷と再生の物語である。


〈STORY〉
2030年、外国人が多くたむろする田舎町で再会したのは、元日本代表男子カバディチームの面々。彼らは幼馴染であり、2020年の東京オリンピックで男子カバディが正式種目になると聞き、冴えない人生を変えるために一念発起、見事に日本代表となって東京オリンピックで大活躍したのだ。しかし、一人の選手のミスによって日本国民を落胆させてしまった。再会と共に燃え始める苦い思い出と熱い心。10年前の傷を乗り越え、再び栄光を求めて立ち上がる。

〈カバディとは〉
インドの国技。1チーム7人の2組が攻撃側と守備側に分かれ、攻撃側の一人が「カバディ」と息継ぎをせずに連呼しながら、息の続く限り守備側の体や手にタッチし、守備側はタックルなどで妨害する。触れた人の数が得点になる。前後半20分で行われる不可思議な競技である。

※各回終演後 約5分間の休憩の後、15分程度のトークイベントをおこないます。
※イベントには、同ステージのチケットをお持ちのお客様が参加いただけます。

〈指定席引換券〉
※当日、開演の60分前より受付にて座席券とお引換えください。
連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

公演ホームページ
http://shika564.com/2019/
出演
丸尾丸一郎 / 菜月チョビ / オレノグラフィティ / 橘輝 / 鷺沼恵美子 / 浅野康之 / 峰ゆとり / 近藤茶 / 有田あん / 椙山さと美 / メガマスミ / 長瀬絹也 / 金子大樹 / 内藤ぶり / 藤綾近 / 前川ゆう / 小澤亮太 / 伊藤今人(梅棒/ゲキバカ) / 椎名鯛造
スタッフ
作: 丸尾丸一郎 / 演出: 菜月チョビ / 音楽: オレノグラフィティ
公演期間
2019年11月21日 (木) 〜2019年12月1日 (日)
チケット料金
全席指定引換券

[定価]
¥5,900
→20% off
取扱店舗
渋谷渋谷109WANDER COMPASS SHIBUYA銀座新宿観光案内所京王新宿丸の内東京シティアイ品川成田空港中央区観光情報センター浜松あべのなんば大丸心斎橋福岡天神