タイプ

カテゴリー

頭痛肩こり樋口一葉 ★当日引換券

頭痛肩こり樋口一葉 ★当日引換券

こまつ座 第143回公演

チケット取扱状況

  • 前日前売券

  • [開演時間] 2022年8月17日 (水) 13:00 / 18:00

紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA(東京都)

〒151-0051

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2タカシマヤ タイムズスクエアビル 紀伊國屋書店新宿南店7F

アクセス:

公演内容
≪今こそ劇場へ行こう≫『頭痛肩こり樋口一葉』スペシャルトークショー開催決定!

≪今こそ劇場へ行こう≫キャンペーン企画として、『貧乏物語』『紙屋町さくらホテル』に続き『頭痛肩こり樋口一葉』でもスペシャルトークショーの開催が決定しました。
「一家を支える」という苦悩を抱えながら、"奇跡の14カ月"に数多くの名作を残し、若くして夭折した樋口一葉。
幽霊・花螢をはじめ、家族や友人たちとの交流から、作家としての人生を描いた作品です。
今回は、作品を一層楽しんでいただくため、様々な観点からお話しいただける多彩なゲストの皆様をお招きいたします。ぜひお楽しみください♪

※スペシャルトークショーは、開催日以外の『頭痛肩こり樋口一葉』、『紙屋町さくらホテル』のチケットを
 お持ちの方もご入場いただけます。ただし、満席になり次第ご入場を締切らせていただくことがございます。
※出演者は都合により変更の可能性がございます。

------------------------------------------------------------------------------------

ぼんぼん盆の十六日に地獄の地獄の蓋があく ーーーー
夭折した明治の女流作家・一葉を取り巻く5人の女性たちが織りなす
この世とあの世の境界線。


激動の明治に生を受け、若くして樋口家の戸主となった一葉(本名・夏子)。
女性でありながら母・多喜と妹・邦子との暮らしを守るために小説を書いて生計をたてることを決意する。
苦悩やしがらみと向き合いながら筆を執る彼女の前に現れたのは幽霊・花螢。
一葉と花螢のユーモア溢れる交流を軸にしたある時代を生きた女性6人の物語。

好景気で浮かれる上層と下層の間で、美しい文体で時代ともに生き抜いたあらゆる階級の女性達の頂上から底までを見た一葉…。
24歳6か月の若さでこの世を去るまで多くの名作を発表した夭折した天才女流作家の"奇跡の14か月"とは...。

くやしい思いをしつつ生きる人たちの心の動きを
百年後の私たちにも通じるように書いたというところに、
一葉の偉大さがあると思います。
ーーーー 井上ひさし


【劇場での感染症対策への取り組みとお客様へのお願い】

※上演時間:2時間50分予定(休憩含む)
※開場は開演の30分前です。

【指定席引換券】
※当日、開演の45分前より受付にて座席指定券とお引き換え致します。
 連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

◆料金◆
公演により販売料金が異なります。
詳細は店舗にてご確認ください。
公演ホームページ
http://www.komatsuza.co.jp/program/index.html#406
出演
貫地谷しほり / 増子倭文江 / 熊谷真実 / 香寿たつき / 瀬戸さおり / 若村麻由美 / ゲスト: シークエンスはやとも (芸人)、一龍斎春水(麻上洋子)(講談師・声優)、伊藤氏貴(明治大学文学部教授)
スタッフ
作: 井上ひさし / 演出: 栗山民也
公演期間
2022年8月5日 (金) 〜2022年8月28日 (日)
販売期間
各公演前日まで
チケット料金
指定席引換券(一般/U-30)

[定価]
¥10,000/¥7,000
→一部対象公演 22〜28% off
公演コード
G8356T
取扱店舗
TKTS渋谷 SHIBU HACHI BOX shibuya-san銀座浅草文化観光センター新宿観光案内所丸の内東京シティアイ中央区観光情報センターあべの福岡天神
※Webサイトや店頭サイネージに表示されている公演でも、お越しいただいた時点で完売している場合がございますので、ご了承ください。