タイプ

  • 2

カテゴリー

  • M
  • A
  • C
  • D
  • S
  • E
  • O
明治座  ふるあめりかに袖はぬらさじ

明治座 ふるあめりかに袖はぬらさじ

チケット取扱状況

  • 当日・前日前売券

  • [開演時間] 2019年11月19日 (火) 12 pm / 2019年11月20日 (水) 12 pm / 5 pm

明治座

東京都中央区日本橋浜町2-31-1

アクセス:鉄道 都営地下鉄新宿線・浜町駅 すぐ 都営地下鉄浅草線・人形町駅 徒歩7分 東京地下鉄日比谷線・人形町駅 徒歩7分  ※人形町駅改装工事に伴い、3月17日よりA1番出口が閉鎖となります。 東京地下鉄半蔵門線・水天宮前駅 徒歩10分 路線バス 中央区コミュニティバス(江戸バス)北循環「浜町駅(明治座前)」 都営バス秋26系統・錦11系統「浜町中の橋」

公演内容
〈あらすじ〉
時は幕末。開港間もない横浜・港崎遊郭。
岩亀楼の三味線芸者・お園は、旧知の花魁・亀遊を看病していた。
お園のあたたかい励ましと、留学して医学を学ぶという夢を抱く通訳・藤吉の薬のおかげで、亀遊はどうにか生色を取り戻す。

ところがある日のこと。
久しぶりにつとめたお座敷に居合わせたアメリカ人・イルウスに、亀遊は見初められてしまう。
岩亀楼の主人によって、法外な値段で身請けを決められた亀遊。
藤吉への恋が叶わぬことを儚んだ彼女は、自らの手でその命を絶った。

数日後、亀遊の死の真相を偽って伝える出所不明の瓦版が現れた。
そこには、紅毛碧眼に身を汚されることを潔しとせず、
懐剣で喉を突いた本那婦女列伝に記されるべき烈婦と書かれており、
「露をだに いとふ倭やまとの女郎花おみなえし ふるあめりかに 袖はぬらさじ」
という辞世の句までが添えられていた。
こんな嘘――と笑うお園に、商売上手な岩亀楼の主人は、客が喜ぶ話をするよう命じる。
やむなくお園は、亀遊の悲劇的な話を客たちに語り聞かせ始めた。
結果、「攘夷女郎」としてまつりあげられることとなった亀遊。
岩亀楼は攘夷派の志士たちの聖地となり、お園のお座敷には客が連日押し寄せることに。
亀遊の死を最初に見つけた生き証人として、
一躍花形芸者になるお園だったが……。

〈S席引換券〉
※当日、開演60分前より切符売場にて指定席券とお引換ください。
※お座席位置はお選びいただけません。
※連席でご用意できない場合がございます。予めご了承ください。
〈注意事項〉
※6歳以上有料/5歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください。
公演ホームページ
https://www.meijiza.co.jp/info/2019/11/
出演
大地真央 / 矢崎広 / 中島亜梨沙 / 大沢健 / 篠田光亮 / 林田航平 / 榊原徹士 / 瀬戸啓太 / 未沙のえる / 久保田磨希 / 温水洋一 / 佐藤B作 / 横内正 / 桜一花 / 羽咲まな / 美翔かずき / 樋口綾 / 石原絵理 / 小林千花 / 鈴木章生 / 伊吹謙太朗 / 森山栄治 / 永島敬三 / 柴田時江 / 尾上佳よ子 / 飯田碧 / 川村紗也 / 喜多村千尋 / 田村りな / 小山晶士 / 倉冨尚人 / 加藤大騎 / 江利智広 / 深澤誠 / 高橋茉琴 / 河原邦恵 / 金子ひろ子 / 大?実花 / 松永鉄駒 / 松永鉄六
スタッフ
作: 有吉佐和子(『ふるあめりかに袖はぬらさじ』中公文庫) / 潤色・演出: 原田諒(宝塚歌劇団)
公演期間
2019年11月3日 (日・祝) 〜2019年11月27日 (水)
チケット料金
S席引換券

[定価]
¥13,000
→50 %off
取扱店舗
渋谷渋谷109WANDER COMPASS SHIBUYA銀座新宿観光案内所京王新宿丸の内東京シティアイ品川成田空港中央区観光情報センター浜松あべのなんば大丸心斎橋福岡天神